禾丘ノ月

音 楽 と ~居眠り磐音江戸双紙~ 「陽炎の辻」 に はまっている 日常ブログ。背景イラストは友からのプレゼント!!
掲示板 (覚書) で御座る
~ ♥ 辻売り絵双紙 2017.07.03 ♥ ~

[内容は選択(地域限定の場合有)の上記載しておりまする]



・毎週土曜日 19:30~20:15 NHK総合ブラタモリ


「滋賀県×石田三成」ポータルサイト


< 陽炎の辻 関連リンク 他 >


・5月26日発売予定 陽炎の辻 完結編~居眠り磐音江戸双紙~商品番号:22326AA

「居眠り磐音江戸双紙」公式HP

・2冊同時刊行 『空也十番勝負 青春篇 声なき蟬』( 上下巻)坂崎磐音の嫡子、空也の物語がついに動き出す!
2冊同時刊行(50巻、51巻) 「居眠り磐音 江戸双紙」シリーズ 完結。
50 竹屋ノ渡 
51 旅立ノ朝 完

・佐伯先生 公式HP 佐伯泰英ウェブサイト

・放送終了 正月時代劇 山本耕史主演「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」の 完結編として放送決定。

正月時代劇「陽炎の辻 完結編」公式HP


< 音 楽 関連リンク 他 >


[藤澤ノリマサ]
藤澤ノリマサ(無料動画GyaO!)

題名のない音楽会 HP



★★★★★★★★

大河ドラマ~見せます!ぜんぶ~

土曜スタジオパーク

美の巨人公式HP

★★★★★★★★


< Koji.y 関連リンク 他 >


・公演日程;2017年12月ミュージカル「メンフィス」会場;新国立劇場 中劇場演出・主演;出演;山本耕史

・フジTV系 「おじゃMAP!!」準レギュラー???!

・サントリースピリッツ「澄みわたる梅酒」のWEB限定スペシャルコンテンツ「なのにムービー」全24パターン公開。 スロットを回してお楽しみください。「澄みわたる梅酒」WEB限定ムービー

劇団☆新感線『髑髏城の七人』!!「花」終了

「アナザースカイ」 俳優・山本耕史のNY

・NHKBSプレ ザ・プレミアム「二条城 ~戦国から太平へ~」

・正月時代劇 山本耕史主演「陽炎の辻~居眠り磐音 江戸双紙~」の完結編

・KAAT神奈川芸術劇場 【 マハゴニー市の興亡 】構成・演出:白井晃

舞台L5Y予告動画(要FC2会員)   動画:ラスト・ファイヴ・イヤーズ 予告編


* リンクの一部は左側 「関連リンク集」 に随時移動。


-- E N D --

* 辻売絵双紙及び各記事は各設置の「拍手」他 マウス の上ご利用下さりませ

web拍手 by FC2

映画 「LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門」 

過日、「沈黙」に続きまた映画館へ、期間限定上映、劇場も限られる、急遽決めてギリギリで劇場へ飛び込む…の相変わらず。

ようやくメモ書き。う~ん、五ェ門。何とも痛々しい姿…と思いつつも、いい~(*^^)v


0170218五右エ門01

パンフレットタイプではなく、ポスター型。価格¥300-


公開初日に劇場で完売になり、追加発注分が映画館へ届くのを待って無事ゲット。

平日にでかけたのですが、期間限定、公開劇場の数も少ない。そのためか、結構入ってました。だだ、見る側にとっては予定のやり繰りが大変でした。他にも数本みたい作品があったのですが、結局1本は完全に見逃し、もう一本も危ない、そろそろ終わりか…(~_~;) 

作品の方は、次元の時と言い、今回、不二子… この劇場版限定シリーズはどの作品もお気に入り。

ルパン作品を見るのだけはいつまで経っても止められないね…

(いまだに映画館に出かけて見てるのが実家にばれたら怒られるぅ~)

石川五エ門のキャラはルパン三世の次に好きキャラだから、渋くて、チャラ系のルパンとは真逆だけれど、お茶目な部分があるのがいいんだな…今回は、もう五エ門~って何度も叫びたくなってしまった。





0170218五右エ門03

入場時プレゼントとポストカードを2枚購入

(ポスターリーフレットの購入ができなかったらと思って先に購入)


深夜で良いのでいつか、いままでの含め地上波TV放送してほしいな。

いつか…必ず…
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ web拍手 by FC2
[ 2017/03/09 21:21 ] 映 画 | TB(0) | CM(0)

映画 「沈黙-サイレント-」 

製作発表を知った時から、これの映画だけは見ておきたいと思っていた作品



 
0170218沈黙01




遠藤周作の原作に出会ったのは、高校生ぐらいの時。はじめはさっぱり???





今回の映画。監督や出演者が多彩ですごい作品になっているとかは、公開間近になって知ったのだけれど、製作決定を知ってから、なかなか公開にならないとずっと思っていたのです。製作に大変な時間と苦労があったのですね。

映画は原作にかなり忠実だと感じました。この作品の制作に時間がかかっても当然、納得できた作品。

原作は時々ふと思い出したように読んでみたくなっては、読み返していたのですが、学生の頃はほとんど(・・? 状態、読むたびに…う~ん!! って思う方が多くて、立場によって難しい。今回映画、映像としてみて原作の立場ごとに感じていた部分がまた違う受け止め方もできたかな。

この映画も何度か見れたら、色々と発見や思う事もあったと思うけれど、時間的にはそうはいかない、NHKでこの映画の監督マーティン・スコセッシのインタビュー番組があったので、そちらを見て、さらにすごいなぁ~って。

この作品では日本人キャストが沢山出ていたのも、よかった。以前見たいくつかの作品での日本人役が日本人でない場合が多くて、違和感だらけで、せっかくの作品がガッカリ…残念になってしまっていることが多かったので良かった。 しかも実力派ばかり。安心感、所作の安定感。日本人キャストには私的に色々とが沢山あった。

この作品は少し時間をおいてまた見たいと思う。(きっとNHKBS映画放送とかちょっぴり期待)

映画の感想となるとはたまた原作と同じで難しい。ただ最後の部分が、あの終わり方で良かったと…

キリシタン弾圧という歴史的な面があるいので、多くの人に見てもらいたいと思うけれど娯楽作品と違って、話題作でも数字的面のヒットは難しかったのだろうな…(~_~;) 

これだけは、私は見逃さなくてよかったなと。

スクリーンで見てこそ映像からも感じるものも多かったと思った作品。

積読にきりがついたら、また原作を読み返してみようかな。古いからボロボロ。

この映画には先日から放送が始まった。NHK「スリル!赤の章」の主演 小松菜奈さんが出演されてました。
ブログランキング・にほんブログ村へ web拍手 by FC2
[ 2017/02/24 23:56 ] 映 画 | TB(0) | CM(0)

おつかい ~ おまけ観光旅 横浜観光 赤レンガ倉庫 「あぶ刑事」

お世話になっている。別友から出かける前にメール情報を頂き 映画あぶない刑事ロケ地 である事を知り、パネル展示開催中なのだと…


0160217アブデカ01

詳細  こちら~

ロケ地の細かい場所までは現地ではよくわからないまま過ごしてしまいましたがパネル写真は撮影できました。関係者の方が偶然その場にこられていたのですが初め気づかずにデジカメパでシャパシャしていたら、場所を空けてくださり、「どうぞ…」って場所をあけてくださいましたので撮影継続。撮影規制もありませんでした。 

映画は事前に別のを以前から予定していて時期が重なり、この作品は見には行けませんでした。 帰宅後に何かの番組であぶない刑事ロケ地の事を放送していて実は、撮影場所のお店の前を徒歩通過していた事を知りました。お店の入り口に記憶があってたのです。ロケのお店だったとは、疲れてたのでそのお店に入れば良かった…とTV放送を見て後悔…( ̄▽ ̄)

もう少し事前に確認しておくべきだったかと…(リンク先) 出かける前がいつもバタバタで調べきれずに出かける羽目に陥っているのが毎度でここでも、友頼り…甘え過ぎですね。m(__)m

本当に色々教えてくれる友がいるというのは有難い事です。

赤レンガ倉庫は全て見れてないので、いつかまたゆっくり見たいなと思いました。
ブログランキング・にほんブログ村へ web拍手 by FC2
[ 2016/03/29 23:22 ] 映 画 | TB(0) | CM(0)

映画 「SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」 を見てきました

とても楽しみにしていた作品SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁」。でしたが…あれれ…??!!  

冒頭6分スペシャル映像はワクワク…本編が始まって、今までの作品からあれこれ…ここまではいい。

その先、ビクトリア時代へ…もうここからが必死…??? 

現代は絡むモリアーティーはでてくる…字幕を必死に追う…頭の中は???が満載。

え…どう受け止めるの…な、なに~って ビクトリア時代になぜした~って一瞬思った…

TV版のシリーズもじっくり何度か落ち着いてみないと、あれ??? ってなってたから、私のこの頭では一度見た程度では理解不能の作品なのか…弱い頭では無理なのねと思い始めたまま、なんだかなぁ~と字幕と映像の変化に格闘。

最後の方になってきて、なるほど…とようやく納得。それでも、数回見た方がいいなと感じましたが限定公開では行く予定が今でもギリギリなので、TV放送、DVDになるのを待つのが得策かな。

後半のSP映像。インタビュー等を見て更に納得。ようやく理解。

見ている間は、難しい、ちょっとホラー系になってる…ぎぇ~、キモイ~って…

何々…ぎゃぁ~わからないよ…はっ??? え~ぎゃぁ~  これが一番ぴたりくる?! 感想でしょうか…

パンフないし…グッズも高額品以外はほとんどなくなってました。

こちら~スペシャル版 映画  公式HP

娘と二人で、ぎゃあ~ぴ~いいながらも、次も楽しみにしてる…長く続いてほしいな… ブログランキング・にほんブログ村へ web拍手 by FC2
[ 2016/02/25 21:06 ] 映 画 | TB(0) | CM(0)

映画 「信長協奏曲」 を見てきました。

 過日、映画「信長協奏曲」を見てきました。コミックは知らないのですが、ドラマ版を見ておもしろかったので、ドラマ版のラストは映画版になると出ていたので、待っていました。

面白かったです。TVで待っていればいずれ多少のカットがあっても放送されるでしょうが、合戦シーン等は大きなスクリーンで見る方がいいなと思い出かけました。

冒頭には、ドラマ版の部分も少し入っていて、全く知らなくても一応ストーリー全体がつかめるような作りにはなっていますがドラマ版を知っていた方が更に楽しめます。

ドラマ版のときから、台詞が楽しく、会話のテンポもよくて、戦国武将のキャラもそれぞれが濃い…

とことん悪の秀吉、ずっといい人の恒興帰蝶のツンデレ…濃い柴田、かわいい利家、家康君は金太郎と頭の中でどうにも混じる…(~_~;)

映画版での自分の壺はなんといっても古田新太さんの松永弾正久秀。 歴史上自分が信長より先に死ぬってことわかってないような設定だったのが笑えた~ 確かに学校の教科書ではあまり出てこないよね。信長は出てきても…自爆設定とは少し違うけれど、そこはお楽しみ… 

キャラとしていいわぁ~さすがは怪優…信長殿とのやりとり完全に食っていたって感じです。

最後の最後一瞬…松永弾正久秀の再登場は注目。笑えた。本当に一瞬です。

パンフレットには書かれているので、ネタバレが嫌なら、パンフは見終わってからの購入をお勧めします。


0160130信長協奏曲01


価格 ¥720-


信長(サブロー)と光秀の二役。で小栗さん凄いなと、今回は思いました。過日録画した実写版「ルパン三世」は勘弁だったけれど、長年ルパンファンとしては、一応見ておこうと、劇場でお金出す気は当時無かったので、TV放送があればそれでいい。と思ってたので、一応みましたが、途中で寝落ち…そのまま挫折して消した。

ドラマ版、映画版と長く演じているのもあってか、小栗さんの殺陣、乗馬どれもカッコよくて良かった。

史実や今までの時代劇とはちょっと違う娯楽時代劇、コミック原作ですし、なぜ~???? この時代にある…?!って所はお笑いで楽しむ・突っ込み過ぎず違和感を楽しむのがこの映画のいい所だと思います。

ドラマ版を見た方なら映画でラストを知ってスッキリするのはおすすめです。(^O^)
ブログランキング・にほんブログ村へ web拍手 by FC2
[ 2016/01/30 23:56 ] 映 画 | TB(0) | CM(0)

映画 「MOZU」 を見てきました。すっかり…遅 

これだけは、映画館で見たいと…11月に何とか都合をつけていったのだが、相変わらずメモは遅です。

劇場版「MOZU」TVドラマ版を全てみて、劇場版も見てスッキリしたいと…

こちら~  公式サイト

TV版は当初からアクションもですが、映像にかなり強烈シーンがあったけれど、展開、ストーリー性が面白かったし、ひきつけられたし、ダブルフェイスも見ていたから、劇場版は見逃したくないと…

映画「ギャラクシー街道」を見たあとでだったので、余計にスクリーンで見るならやはり、この作品の方がいい~って感じました。大きなスクリーンと音響あっての作品だからこそ映画館で楽しめると…

物静かでストーリーが素敵な作品ももちろん映画館で見るのもいい。だたギャラクシー街道の後だったので余計感じ方がね…(~_~;)

先に見た方からのアドバイスも気にしながら楽しみました。のぶっ飛び感はドラマから更にパワーUPしてすごかったし、それがまた楽しかった。

松坂さんの新谷崇拝者キャラ…は微妙だったかな、必要な役だったのかな? って感覚が残った。ここで何があるのか、何をするの、なにを抱えているのとか、なにをしてくれるのかなって、思っていたのに、あれれ~って感じでした。

TV版から引き続き倉木の知りたい…ただその事の答えがスッキリ出たのかな…??? って感じもしたのです、倉木は納得したのかなって…最後の受け止め方が今一つピンと来てないのです。もう一度本当は見ないと理解力のない私には、仔細まではわからないかもね~って見終わった時に感じたのがずっと残ってます。

もう一度劇場へ行く時間は無い。そもそもメモ書きがこんなにおくれてるのです。年末で、年賀状も手つかづで映画館へ行ってる場合ではないので…レンタルかTV放送をまとう…(~_~;)

結局は本当に自分なりのスッキリができたのか…と言うと…微妙かも…

この時期に3本連続で映画館で見た日本映画作品の中では「MOZU」が自分の中では一番良かったかな。

原作も読んでみようかとおもいつつ買っても積読になるのは確定なのでやめ…(~_~;)
ブログランキング・にほんブログ村へ web拍手 by FC2
[ 2015/12/16 20:48 ] 映 画 | TB(0) | CM(0)

映画 ゲキ×シネ 「蒼の乱」を見てきました。

久しぶりにゲキ×シネを見てきました。生の舞台はもちろん良いのだけれど、簡単には行けない身には本当に有難い。舞台の良さとはまた違ったメリットも沢山あると毎回思っているのです。

小道具や細かいしぐさ感情のこもった表情等、席の位置に関係なく見られるのがいい。(いつも言ってる)

今回の作品でゲキ×シネを見るのは4作目。シネマ歌舞伎やナショナルシアターライブを含めると自分としては、結構見ることができてる気がする。有難い…(^^)/

天海祐希さんは、さすが元宝塚トップ。舞台姿は素敵だし、戦場面ではカッコいいし…

おのれナポレオンが悔やまれる。いつかまたあるといいな…

L & 清盛殿…松ケン君…将門小次郎…ってところがね。清盛のはじめのころに姿、戦の時の衣装が似ている感じもあってダブってしまった所はあるけれど…それに頼長殿はいない…(^▽^;)

ストーリーとしては、将門小次郎のだまされ方と単純さが、えええ~って感じだったけれど、毎回限られた時間の中だからか、少し中途半端やそんなにも単純に進めてしまうんだね。あらら~ってところはありました。これは仕方ないのかもしれませんね。

劇場用に編集されているのも関係しているのかと毎回思うのだけれど、今回は、途中休憩もなくノンストップ 3時間上映なので、集中力も体力も必要でした。 

映像と舞台映像のコラボですが、今回は映像も美しいシーンが沢山ありました。全体的に戦の中での話ですが、何とも美しい、蒼の世界が描かれてます。

こちら~  公式HP

有難い事に、出かけた日が割引日に該当したらしく、前売りより安く、通常映画と同じ割引扱いになったのがラッキーでした。

それに座席幅が広くシートが良いスクリーンでの上映だったのも3時間のわりに楽で来ました。 

係員の方が今作は料金形態が今までと違うので割引対象ですと。ゲキ×シネに関しては今回は作品ごとに価格設定が違いますから。割引です。とのことでした。 

これから行かれる方は行く予定の劇場の料金方式を確認された方がいいかもしれません。

あと…主役二人以上に目を引く凄いお方があの演技力、動き全てには圧巻です。

橋本じゅん さんの黒馬鬼…って馬役なんです。でもその、…が凄い!!

お名前ぐらいで詳しくは存じ上げないのですが、凄く力のある役者さんなのだと。

として将門の相棒としての存在。馬だけど心を通わす馬…これは表現のしようがないですが、馬…は凄いとしか言いようがないです。 劇団四季?? とも思えるようなお姿です。 は当然走り回るのですごい体力。大変…とにかく黒馬鬼は凄い…です。  言葉ではどうにも…です。

早乙女太一さんは堺さんと上川さんの蛮幽鬼でも見た。殺陣のスピードは凄かった。とにかく早い、パワフル。まだまだお若いし動きがすごいね。 磐音様と戦ってほしい~とつい思ってしまいました。きっとすごくカッコいいと思うな…

ゲキ×シネ=古田新太さんの濃ゆい~舞台のイメージがどこかにあるけれど、挟み込まれてる映像が美しい版ゲキ×シネってとこですかね。「シレンとラギ」も美し場面はあったけれどそれとは当然違う。

平幹二朗さん登場で重厚感が一気にくる。そこに存在しているだけで重みが舞台映像であっても漂ってくる。本当に舞台を見てるような感覚になった。

とにかく…お勧めは橋本じゅん さんの黒馬鬼ですね…(^◇^)

映画版パンフは今回無かったです。舞台版のパンフが¥2,500- で劇場でも販売されています。 映画と考えると少々お高い…耕史君舞台嵐が丘のパンフの事もあるし、この先も予定が…という事で…節約しました。(^▽^;)
ブログランキング・にほんブログ村へ web拍手 by FC2
[ 2015/05/15 21:47 ] 映 画 | TB(0) | CM(-)
F・クロック 「幻の庭。曼珠沙華」
文字の拡大・縮小ができます
    クリックすると 記事の文字サイズを拡大&縮小 して読む事が出来ます。
    最近の記事+コメント
    非公開コメントの方へ。当方からのコメントのみ公開の場合に不都合な時はお申し出ください削除いたします。
    月別アーカイブはこちら~
    タグリストはこちら~

    トラックバック です
    クリックで開きます。(Lc.ツリートラックバック) 
    管理人からの ご挨拶

    天 音

    Author:天 音
    「禾丘ノ月」 ブログ へ遠路遥々ようこそお越しくださいました。  

    音楽を聴くのが大好きです。
    今は ~居眠り磐音江戸双紙~「陽炎の辻」。にはまり中。

    コメント及びトラックバック等全て承認制にしております。記事内容に関連性の無いものやその内容により、承認致しかねる事もありますのでご了承くださいませ。

    掲載写真の無断複製、転写は堅くお断りいたします。

    尚、辻売絵双紙 及び 各記事、リンク等 は各設置の「ツイート」「いいね!」「GOOD!」「拍 手」よりお好みを一つ マウス の上ご利用下さるよう宜しくお願いいたします。
     
    (2008.11.10.~ここへ転居)

    訪問頂き有難うございます
    顔文字一覧です
    ボタンを押すと小窓が開き顔文字をコピーできます。

    ブロとも申請フォームです
    ブロとも一覧
    QRコード
    QR
    PINGOO!
    みんなで広げるPingサーバー
    MY ブログ記事 一覧
    このブログの 最近 記事一覧 になります。
    ブログランキング 参加中
    ブックマーカー です
    SHARE+BUTTONS (シェアボタン)
    楽 天 関連一覧